宇多津町産業資料館(うたづ海ほたる)
 

ぜんぶでる/ 神社巡りYouTube版 チャンネル登録お願いします

 宇多津町産業資料館(うたづ海ほたる)

すでに宇多津町産業資料館は、内容の見直しが行われすでに産業資料館としての役目は終わっています。
建物はそのまま残っていますが、「うたづ海ほたる」という名前に変わり
道の駅宇多津臨海公園内のカフェレストランを併設した休憩施設となっています。

塩田での作業の様子がよく分かる資料館でしたが、テーマが塩田ということでどうしても一般の人達には受けがよくなかったようで入場料300円を払ってまで見ようという人は少なかったようです。

このページは宇多津町産業資料館がまだ運営されていたころ作ったものですが,当時の様子を知る事ができるのでこのまま残しておきます。
最後の方に現在の海ほたるの写真を追加しておきます。


宇多津町産業資料館[うたづ資料館]に行ってきた。
宇多津町は、昔日本一の入浜式塩田があった所で、現在塩田は、埋め立てられ新しい町ができている。
入場料は大人が300円、子供は無料。
周りの公園は沢山の人がいてにぎやかなのに、この周辺だけはあまり人がいない。
入口でお金を払うと、袋にパンフレットとおみやげの塩を入れて渡される。

展示物は三面スクリーンからなる、塩の作り方の説明ビデオ(約八分)と、宇多津町の昔の暮らしのビデオ(五分程度?)と、展示物。
2階は、展望室。展望室にも、一応展示物らしき物もあるが、じっくり読んで見ても3分。
入り浜式の仕組みがよく判らなかったが何となくわかったので元はとれたかな?。

写真は塩田での作業の様子

この場所は宇多津町産業資料館横の復元塩田
この日はしばらく作業の様子を見ていたが、かなり大変な作業だ。
宇多津町産業資料館の入口では、この塩田で作った塩やにがりを販売している。

 宇多津町産業資料館で買うことができたお土産

現在の「うたづ海ほたる」のようす。
カフェレストランやトイレ、無料休憩場、産直市場などがある。
 





戻る