一太郎やあい(一太郎やぁい)
 

ぜんぶでる/ 神社巡りYouTube版 チャンネル登録お願いします

一太郎やあい(一太郎やぁい)

この銅像は、桃陵公園の多度津港を望む展望台に建てられている。
多度津港を通ると「一太郎やーい」の看板があるので言葉は知っていたが、地元民でありながら、詳しい内容は知らなかった。
今回改めて、碑文を読むと、出征美談として朝日新聞にも掲載され、国定教科書に載っていた有名な話のようだ。

明治三十七八年戦役は皇国荒廃の岐るる所にして殉難 奉公の気概国内に横溢せり。
當時、旅順攻国に参加せる丸亀聯隊 の出征御用船の當港解纜に際し、埠頭に駆けつけたる一老婆 
一太郎やあい 鉄砲をあげろ 家の事は心配するな 天子様に克く 御奉公するだよ 
と叫んで
其愛子を激励したる事實は、全国民の意気を鼓舞し出征美談として 国定教科書に載録せられたり。
此の母子こそは本県三豊郡豊田村 岡田かめ女と其一子梶太郎なれと
一度 大阪朝日新聞に報せらるるや、
忠愛の情に燃ゆる我国民性は、 翕然として、母子の禮讃となり、
演劇に映畫に浪曲に琵琶歌講談等に依つて、精神教化の資に供せらる。
大正十一年年本県に於ける特別大演習に際しては畏くも高貴の御午前に掲て賜ひ、
更に昭和六年宮城参殿を許さるる等、
幾多の光栄に浴せるのみならず、日本婦人の典型として海内に喧伝賛美せらるるに至れり
其の如く有事に際して欣然最高の犠牲を君国に捧くる報国の精神は平時に在って更に讃仰すへり。
之を永久に顕揚せんか為め、全国小学校児童及び篤志家の賛助に依り、
縁故深き此の地に教科書の全文を掲くると共に、
その姿影を鋳造し奉公記念標として建設したるものなり。