雲井御所
 

ぜんぶでる/ 神社巡りYouTube版 チャンネル登録お願いします

雲井御所

この場所は保元の乱に破れ配流の身となった崇徳上皇が、仮の御所としていた場所です。
この地で3年間過ごしたあと、府中鼓ヶ丘木ノ丸御殿に移り崩御します。
平家一門が海の藻屑となったのは、非業の最期を遂げた上皇の怨霊のせいだと信じられました。
案内板を見ると、雲井御所の所在が不明となっていたのを、高松藩主松平頼恕公が、旧跡地として、雲井御所の石碑を建立し、綾氏の後裔が石碑の前の大蘇鉄を二株植えたとあります。