Kindle Paperwhite マンガモデル(Wi-Fi 、32GB)を購入、ついでにKindle Unlimitedにも加入しました

パソコンゲーム
スポンサーリンク

Kindle Paperwhite マンガモデル(Wi-Fi 、32GB)を購入、ついでにKindle Unlimitedにも加入しました。

電子書籍はタブレットでGoogleのplayブックス、Readerソニーの本屋、AmazonKindleなどを利用していたんですが、いかんせんタブレットのバッテリー持ちが悪いのと長時間読書をしていると熱を持つのでKindleを購入することに決めました。

ベーシックなKindleは近くの家電量販店で見たのですが、何か暗くて見づらい、それと実際触ってみるとページ送りもなんかもっさりしていてちょっと心配。
どうしても今まで使ってきたタブレット比較してしまうので、若干心配でしたが買ってみないと分からないので買う前提で検討。

スマホReaderのような明るい画面が好みなので、これは一も二も無くKindle Paperwhiteを選択するしかありません。

Paperwhitにはマンガモデルというのがあってどうしようか迷っていたら、Kndle Paperwhite マンガモデルはページ送りが快適だという書き込みを見てマンガモデル(32GB)を選びました。

Kindleはキャンペーン情報つきモデルとキャンペーン無しモデルがありますが、キャンペーン無しモデルは2,000円高くなります。

キャンペーン付きは手間がかかると書いているブログがけっこうあったので心配でしたが、元々タブレットでReaderを起動して読んでいたのでこれより遅いって事は無いだろうと言うことでキャンペーン付きを選択。

キャンペーンというと雑多な広告をイメージしてしまいますが、Kindle関係の告知なら逆に色々と欲しいので2,000円も安くなって情報が集まるのなら問題は無さそうです。(今使っていますがまったく読書には問題はありません)
2,000円あれば1冊から2冊も本を買えるので、無理に広告を外す必要は無いでしょう。

Kindleの起動とページ送りの動画

起動とページ送りについては動画を撮ってみたので確認して下さい。

Kindle

人によって色々と感じるところはあるでしょうが、起動も速くページ送りも遅くは無いと思います。
キャンペーン付きだからといって、読書をしているところに広告が入ることは無いので広告が読書の邪魔になるようなことはありません。

Kindle本のすごいところ

最初に色々な電子書籍サービスを使っていたことを書きました。
ライトめな本はどのサービスも充実しているんですが、Kindle本のすごいところは絶版となった本や昭和初期の古書などもあったりすることでしょうか。

実際、昭和13年に刊行された香川県神社誌の上巻下巻を見つけた時は、もうKindle本しかないと思ったほどです。

この香川県神社誌を現在古書サービスで探すと一冊10,000円ぐらいするんですが、Kindle本だと一冊540円!

画像での取り込みなので検索などは出来ないのですが、旧字旧かなづかいなので出来たとしても役には立たないのでまったく問題ありません。

香川県神社誌は地元の図書館にもありますが閉架書庫なので借りることができません。
何度も通ってコピーをしましたがこのコピー資料も整理が出来そうです。

Kindleを持っていてAmazon プライムに加入していると一か月に1冊 無料で読書が出来る

Amazonプライムにご加入で、Kindle電子書籍リーダーまたはFireタブレットをお持ちのお客様は、ベストセラーやコミックを含む、2万冊以上の和書、60万冊以上の洋書の対象タイトルの中からお好きな本を、一か月に1冊 無料でお読みいただけます。
※Prime Readingの対象タイトルにも該当する場合は、Prime Readingとして冊数無制限でお楽しみいただけます。

Amazonが指定する本の中からって制限がつきますが、無料なので興味があるけどお金を払ってまで買いたいと思わないような本も気軽に読めるので,思わぬ拾いものがあるかもしれません。

Amazon Prime Kindle Unlimitedについて

そのほかに有料サービスとなりますが

Amazon Prime Kindle Unlimitedという読み放題サービスがあります。
月額980円の費用がかかりますがKindle以外に、スマホ、タブレット、PC、MacでKindle無料読書アプリを使って読書することが出来ます。
一度に本は同時に10冊まで利用でき、それ以上読みたい時は利用中の本を終了して次を借りるという形で利用します。
ようは月額980円で本を10冊まで借りることが出来て、10冊以上読みたい場合は読んだ本を何冊か返して、11冊、12冊、13冊……と本を借りるって感じですね。
書籍以外に様々なジャンルの雑誌とかも充実しているので、お金を気にせず読めるってのはありがたいです。


Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つきモデル

コメント