DSLiteのソフトを買った



ぜんぶでる/神社巡り:さぬき暮らしYouTube版←←チャンネル登録お願いします



DSのソフトとして、FF3とチョコボと魔法の絵本を購入。
FF3は、名古屋駅のソフマップで店頭デモを見たときから買おうと決めていた。チョコボは、ネットでかなり評判だったので、地雷って事はないだろうということで決定。
FF3のオープニングムービースゴいなぁ、携帯機でこれだけのムービーが見ることができるとは思わなかった。
映像は容量が大きく、携帯機では無理だと思っていたが、ACTimagineの技術を使うと、32MBのカートリッジに90分間の映像を収録できるらしい。
圧縮のせいで画像は少し粗いが、これで十分。次世代機の高画質ムービーもスゴいけど、次世代機だと細かいところまで作り込まないと、アラが目立つし、CG作成にも時間もかかるから、商売として考えたらDS程度の環境で作るのが一番なのかな。
ゲームとして遊ぶのなら、PS2程度の画質で十分。PS3なんていらね

今日、電気屋のハイビジョンテレビで、CGを駆使した映画を見たら、鮮明すぎてCG部分が浮き上がっていた。ハリウッド映画でこれだから、映像重視をゲーム機でやるのは限界(ゲーム作りとしては)なのかもしれない
Mr.マリックがハイビジョン放送で、超魔術を見せたら糸が映っていたという話は有名だけど、技術の進化で今まで使っていた手法が使えなくなるってのは、色々(お金とか、お金とか、お金とか・・・)と大変だ。

ソース
Actimagineが任天堂に映像圧縮技術をライセンス – Nintendo iNSIDE


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です