道祖神社(高松市・旧高松市)
 

神社の動画もご覧下さい(YouTube)

 道祖神社

道祖神社は、国道11号線バイパス沿い、春日川と新川の中間に鎮座する神社。
境内地の中に、水田自治会集会場がある。
周囲は、水田が広がっているが、開発も進んでいて、今度お参りするときは、周囲の雰囲気もずいぶん変わっているのかもしれない。

由緒
昔此の地域一帯は、湿地の芦の草原野で、一度迷い込むとなかなか出られず、その時烏が鳴いて救い出していた。
その後この地が開発され、役目を果たした烏は、此の境内の古木に止まり世を去ったとの伝説あり。
その後、永正年間道祖神社を建立し、又の名を烏小神と言う。
大正十四年に改築されたが、老朽化し本年敬神の念篤き氏子の人々が浄財を寄進され本殿拝殿を改築した。平成十三年七月吉日。

社格 石清水神社境外末社

拝殿と本殿

 狛犬

 

次の神社へ行く