日枝神社(三豊市・旧三野町)
 

神社の動画もご覧下さい(YouTube)

 日枝神社

この神社は、鳥坂峠より西へ歩いて30分程の所にある。
 この神社の東側には、神宮寺であった、多聞寺、宝城院が建っている。
この神社の北側の貴峰山には、香川景房の家臣、近江出身の藤田四郎宗遍の城、大見城があった。
この藤田四郎宗遍が、近江国の山王権現を迎えたのが、日枝神社のはじまりとされる。

「讃岐の杜」によると、「藤田四郎宗遍は、ここから東へ1.5キロ程にある正八幡神社の祭典停止命令を出し、その後停止を解くことなく、長宗我部元親に滅ぼされた。
藤田四郎宗遍が不在となったので日枝神社での祭典もできなくなり、この地域に疫病がはやる。
隣村の神職がこれは神罰であると、社僧の宝城院へ申し出て、両者の中間に合った善正寺で祈祷を行い祭典の停止を解いたところ、疫病も収まった」とある。

拝殿と本殿
 


次の神社へ行く