池谷神社(高松市・旧香南町)
 

神社の動画もご覧下さい(YouTube)

 池谷神社

池谷神社は、 高松空のさぬき空港公園とグラススキー場の間にある、琴谷池の北側に祀られている神社。
うぐいす通りから本津川沿いに進めば当社の鳥居前に出るが、公園の方から池を見つけて下りていった方がわかりやすい。
社叢は大きく境内を覆い隠していてる。
この日は曇り空で、鳥居から石段へ続く参道は薄暗い。
石段を上がってすぐに社殿で、お参りをすませた後、周囲を見て回る。
社殿西側に、香川県の保存木であるフジがあり、蛇のようにとぐろを巻いて四方に伸びている。
境内から少し外れると、巨石がそこかしこにあり、舟石、おんびき岩など特別に祀られているものもある。
社殿前の狛犬を奉納された方が、ソウル市の人であったので、少し珍しく感じた。

この神社は、阿波の細川頼之の讃岐進出の拠点である岡屋敷を守護する四方権現の一社。
ここは坤位つまり南西方位となる。

由緒(香川県神社誌)
由佐村県社冠纓神社境外末社。
口碑の傳ふる所によれば、當村渡邊力蔵なる人の祖先が寛政元年に創立せし所と云ふ。
香川県史に「相傳フ細川頼之ヲ岡ノ館ノ四隅ニ建テ以テ鎮守トス相距ルコト各一里ニ四方権現と稱ス・・・由佐村ニ池谷神社アリ之レ其坤位に當レリ」とあり。

拝殿と本殿
 舟石   おんびき岩
 全景   権現の泉
 


次の神社へ行く