国津神社・行成の荒神(高松市・旧香南町)
 

ぜんぶでる/ 神社巡りYouTube版

 国津神社・行成の荒神

国津神社は、県道44号線(円座香南線)の岡バス停より東へ行成の集落へ歩いて5分ほどの所に鎮座する神社。
境内地は三差路の角地で、入口正面に社殿を守る鉄骨の雨よけ、その中に社殿。
資料を見ると、国津神社と行成の荒神の写真が同じ場所であることに気がついたので一緒に掲載することにした。

国津神社の写真は、地神社周辺の写真。行成の荒神は全景の写真となっている。
国津神社の説明には「境内には地神社が祀られている・・」とあり、この地神社は国津神社ではないようなので社殿に一緒に祀られているのかもしれない。


国津神社は、灌漑用水の水神を祀っていて「くす神さん」と呼ばれている。
行成の荒神はこんぴら道の守神として祀られていた。境内地の燈籠は辻の燈籠。

由緒(香川県神社誌)
国津神社
由佐村縣社冠纓神社境外末社

社殿
 周辺 地神社
 


次の神社へ行く