春日の神(高松市・旧香南町)
 

ぜんぶでる/ 神社巡りYouTube版

 春日の神

春日の神は、香南町西庄の香南団地の外れに祀られている祠。

「かすがの神」由来 祠横石碑より写す
古老の口碑に伝うところに由ればその上の寿永四年(一一八五年)屋島の戦に敗れたる平家の落人はこの地に来り遂に力尽きて歿したるものを祀りしものと言う。
或はその残党の一部がこの地にかくれ住みその念持するかすがの神を秘かに奉祀して伝えしものか詳ならず。
往古より「かすがさん」と呼び親しまれ附近の幼童は格好の遊技の場として来りぬ。
然るに現状は積年の風雪に耐えかね正に崩壊せんとするを看過するに偲びず地域の有志相寄り相謀り浄罪を拠出して茲に復元したるものなり。

 祠
 


次の神社へ行く