毘沙門天(高松市・旧香南町)
 

ぜんぶでる/ 神社巡りYouTube版

 毘沙門天

毘沙門天は、香南町由佐の原集会場内に祀られている。
集会場の中には入る事ができなかったが、集会場裏側に昔の建物が残っていて、それに集会場が接続されている。
そして、その横に毘沙門天の祠が祀られていた。
通りからでは、ここに祠が祀られている事はわからない。

毘沙門天
インドの護世神 仏教に入るとそれに帰依する人を守護する。
福徳高貴の神とされ、やがて七福神の一神ともなった。境内には燈籠がある。

塚の由来
平成元年から四年にかけ県営圃場整備が第四工区第五工区にまたがり施工の際今から約八百年前戦国の時代文治元年一一八五年二月屋島合戦で平氏が勇壮に戦いついに敗れ讃岐山脈徳島へと移動の祈り武士達が倒れ埋葬した塚を此の地に移し毘沙門天の祭典十月三日に武士の塚を建立し共に祭り永く後世にこれを伝える事とする。
平成十一年七月吉日

 社殿
 祠
 


次の神社へ行く