乙女の像(いわざらこざら)
 

 乙女の像(いわざらこざら)

高松市平池の北側道路沿いにこの像は建っている。
乙女の像の前の由緒と、ちきり神社に書かれている由緒が少し違っているのが興味深い。

いわざらこざらの由緒
伝説によると治承二年の昔、阿波民部田口成良がこの平池を再築のとき、東の雌;山から「チキリ」を持った女が降りてきて、この池はたびたび堤が切れて長くもたない、人柱を埋めるとよいと告げた。
人々はだれを人柱にするか相談したが、決まらないので、その事を告げた女を人柱として築いたという。
そののち堤の東の岩の間から流れ出る水野尾とが、いわざらこざらと聞こえる。
そおれはいわざらまし、こざらましということで、いわなければよかった、こなかったらよかったという意味である。
人々は、それから池の中の岩の上に、その女を祭ったがのち堤の西うてめの所に移し、さらに雌山の上に移し、ちきり大明神とあがめたのが、この地の鎮守だと伝え、今は雄山の上に鎮座している。

ちきり神社の案内板によると
およそ八百年の昔、治水二年村人達は深い憂いに沈んでいた。
というのは平池の堤は幾度築いても雨が降るたびに崩れ田畑は水に流されて普請奉行の阿波の民部田口成良も難工事にホトホトもてあましていた。
今日も京都の都からは平清盛の厳命が届いたばかり。
その晩疲れはてて眠りもやらぬ成良の枕辺に白衣垂髪の女神があらわれ、不思議なお告げを残して姿を消した。
「あすの牛の刻白衣垂髪の乙女が械のチキリを持って通るであろう、その乙女を人柱として堤に埋めれば工事はきっと成就する」というのであった。
まんじりともせず成良は早朝から人夫たちに堤を見張らせ乙女の来るのを待ちかまえた。
程なくお告げの通りチキリを抱いた白衣垂髪の乙女が現れ、「今月は大の月な小な月な」とたずねると乙女を捕らえ準備した穴に投げ込み急いで土をかぶせてしまった。不思議にも「おつげ」の通りであった
「案内板」より
その後乙女の悲しいすすり泣きが聞こえるようになりその霊をまつったのが勝(ちきり)神社です。