銭形の砂絵 (砂絵銭形)
 

 銭形の砂絵 (砂絵銭形)

琴弾八幡の社務所の方から、本殿、武内神社の横を通り、階段を下りてゆきしばらく歩いて行くと、琴弾公園銭形展望台のところに出る この日はとても天気が良くて、砂絵もよく見え、なかなか良い日に見に行けて良かった。
このあと、そのまま琴弾八幡の方に戻り、絵馬堂の中でお弁当を食べる。
ここからは観音寺の市街がよく見えるので好きな場所の1つ。

銭形の砂絵 (砂絵銭形)※案内板より
銭形のいわれ 寛永十年(1633年)時の将軍家光公から、讃岐巡遣使を派遣するとの知らせを受けて、丸亀藩主生駒高俊公が、領内巡視の際、この事を聞いた地元の古老たちが、何か領主歓迎のためにと、有明浜に銭形の砂絵を一夜のうちに作り上げたと伝えられています。 この山頂から眺めると円く見えますが、実際には東西122メートル南北90メートルの楕円形となっています。 以来砂上の一大芸術として永く保存されています。 この銭形を見た人は、健康で長生きできて金に不自由しなくなるといわれています。
名称琴弾公園 ※案内板より
琴弾山とその西側有明浜一帯が公園区域で、園内へ一部の砂浜は白砂青松の松原が発達し、松原の中程には東西122メートル、南北90メートル、周囲345メートルの砂絵銭形(寛永通宝)が描かれています。
明治30年県立公園として開設
昭和11年名称指定。面積約38.7ヘクタール
昭和31年国立公園に編入指定