三架橋(琴弾公園)
 

 三架橋(琴弾公園)

三架橋は、江戸時代からの名橋で、観音寺市を代表する橋。
以前は木製の太鼓橋だったものを、昭和10年に鉄筋コンクリート製の橋に架けかえられ、現在に至る。
三本のアーチ状の欄干が印象的で、遠くからもよく目立つ美しい橋。

琴弾八幡宮へ参賀するために渡った橋なので、参賀橋と呼ばれていた。
今は三架橋と呼ばれている