伊予土佐街道
 

伊予土佐街道

伊予土佐街道は、江戸時代伊予と土佐と讃岐を結ぶ 唯一の街道だった。

幕末には、土佐藩からの脱藩者(坂本龍馬、中岡慎太郎など)が、 この牛屋口を越え丸亀へ抜け京や上方へ行ったといわれている。

またこの街道は金比羅参りの街道でもある。

左の写真は、伊予土佐街道。 とても細くて、崩れそうな道だが、車の通った跡がある。 この道の先に牛屋口がある。