不動の滝

 不動の滝

 写真は豊中町の不動の滝、高さ50メートルの絶壁にかかる滝に思わずみとれた。
 当日は自転車で行ったのだが、たいした坂道もなく、幹線道路から少し入ったところにこんな凄い滝があるとは思っても見なかった。
 滝つぼには下りることができるので、間近で見ることが可能。
 水はきれいかどうかはわからないので、とりあえず飲んでみたい気持ちはグッと抑えた。
 滝の水が落ちるところが一部平らになっていて、そこに石仏が置いてある、昔は滝で修行する人が座っていたのだろうか。
 滝つぼの様子 余りよく見えないが、此処彼処に菩薩像が祀られていた 滝つぼ周辺は、水しぶきでとても気持ちがよい 夏の盛りはどんな感じなのか、水量はどうなのか見に行くつもり 。
 不動の滝周辺は、公園が整備されていて、遊具などもたくさんある。
 子供連れの家族もたくさんきていて、バーベキューなどをする施設もあるので、焼き肉をしている家族もいた。

[不動の滝案内板写す]
奥の峯、寺家山の水をあつめ、水成岩と火成岩の接觸によって形成されるV字形の谷を走り、高さ50メートルの一大絶壁にかかる不動の滝は、姿色 とりどりの樹木に包まれて、四季こもごも美景を示し、その壮観は讃岐随一である。
更に、滝の下流地域に展開する扇状傾斜地は、弥生式民族の集落跡として有名である。